" 車の査定額はどうやって決まる?

車の買取金額は査定によって決まる

車を売ろうとする時、その方法としては次の二つがあります。

一つは、新車を購入するディーラーで下取りとして購入してもらうこと、もう一つは車買取の専門店で買い取ってもらうことです。

どちらの場合も、買取額を決めるために査定しによる査定が行われ、その査定額を基に売却の契約が行われることになります。

査定というのは、いわば車の評価額を決めることで、車種、グレード、年式、走行距離、車の状態などにより細かくチェックすることにより行われます。

つまり、査定では、その時点での中古車市場の価格を基に、その車がいくらくらいで売れるのかという評価をすることです。

買取の場合はこの中古車市場での価格から、中間マージンを差し引いた金額で買い取られることになります。

さて、この車の価格というのは、どのように決まるのかご存知でしょうか?

車の価格にも、他の商品と同じように、相場というものがあります。

相場の価格は、上でも触れた車種、年式、走行距離などの車の基本的な情報で、だいたいのところが分かるようになっています。

バブル崩壊のあと、中古車市場は年々拡大をしてきており、非常に多くの人が中古車を売り買いするようになってきました。

そのため、全国の中古車関連業者がお互いに情報交換をするようになり、中古車の市場価格、つまり相場価格がネットのデータベースで共有されるようになってきています。

このネットワークの発達によって、中古車業者によっては、顧客のリクエストによって欲しい車種、年式、ボディーカラーなどの条件でに適合する中古車を全国から探すこともできるようになりました。

自分の愛車を売ろうとする時には、ネットなどを調べればだいたいの売値は事前に知ることができますので、今の車の売却額を元に買い替えなどを考えている場合には、そういった中古車情報などによって概算の資金計画も立てられるようになりました。

また、今では中古車一括査定という便利な無料サービスも簡単に利用することができます。

これを使えば、一度の入力で概算の相場知ることができますし、査定額に納得できればそのまま売却先を決めることもできます。

出張査定も無料でやってくれるので大変便利です。

もう昔のように自分で車買取店に愛車を持ち込む時代ではなくなったかもしれません。


<広告>

アフィリエイターの強力な味方グランドスラム



このページの先頭へ